子宮筋腫が妊娠中にみつかった!わたしの体験談

この記事は2分で読めます

Pocket

今では珍しくもない子宮筋腫

友達や子供のお母さんたちと話をしていても

みんな大なり小なり子宮筋腫をもっているんですよね

 

わたしの母も40代で握りこぶし大の子宮筋腫が見つかり

手術して子宮ごと切除してしまいました

もう30年も前になります

何の症状もなく、悪さもしていなかったのだと思いますが

当時は「全て切除」が当たり前だったのかもしれませんね

 

そして、わたしは

 

1人目を産んだ後に一つ

2人目の妊娠中に1つ

 

子宮筋腫がみつかりました

 

当時の状況医師からどういったアドバイスがあったのか

わたしの体験談をお伝えしますね

 

 

子宮筋腫って、どんな病気なの?

 

子宮筋腫は、子宮内にできる筋肉のこぶのような塊で

良性の腫瘍 です

30代の女性で20~30% の人が持っているようで

それほど珍しいものでもないようです

 

そして症状が全くない

という人が多いんです

わたしもそうでした

 

とはいえ

子宮筋腫ができた場所や大きさや数によっては

  • 過多月経による貧血
  • 腹部の圧迫症状
  • 便秘
  • 月経痛

などの症状で悩む方も中にはいるようですね

 

 

初めての子宮筋腫の発覚

 

わたしの場合、息子を産んだあと半年か1年ほど経ってから

子宮筋腫が1つ見つかりました

33歳のとき

 

子宮頸がん検診の時に見つかったと記憶しています

大きさは1センチでした

 

大きさもそれほど大きくないこと

近くの組織に悪さをしている様子がみえないこと

 

このことから、珍しい病気でもないので特に心配はいらない

とのアドバイスをもらいました

 

ただ、急激に大きくなる場合もあるとのことで

その場合は精密検査の対象となるようで

1年に1回、定期的に診察してください、とのことでした

 

 

2つ目は2人目の妊娠中に発覚

 

少しさぼりがちでしたが

気づいた時に受けていた診察では

特に大きな変化もなく安心していました

 

そして、2人目の妊娠

36歳

で…妊娠4か月か5か月のときだったと思います

 

お風呂の中でお腹をなでていたら

不自然にポコンと出ているところがある!

しかも触ると少し硬い…

なんじゃこりゃ?

 

ということで

妊婦健診の時に先生に確認すると

大きさ3センチの子宮筋腫でした

 

でね

最初に発覚した子宮筋腫も合わせて

全部で3個あったんですよ

でも、どの筋腫も心配いらないとのことでしたよ

 

妊娠でお腹が大きくなると

筋腫も一緒に大きくなるんだとか

 

そして、産後お腹が元に戻ると筋腫も一緒に小さくなる

との説明でした

 

この、2番目に発覚した筋腫は

最終的に出産直前には5センチほどの大きさまで成長してました

 

妊娠中、お腹が張ったときは

筋腫の部分がすこし圧迫感がありましたが

特別に痛むことはありませんでした

出産にも影響がなく自然分娩でしたしね

 

出産後は、先生の言う通り2センチまで小さくなりましたよ

 

 

2つの子宮筋腫、その後どうなったか?

 

その後も、ついついさぼりがちでしたが

定期的に診察を受けていました

 

でも

2番目に見つけた筋腫はお腹を強く押すことで

自分の手で確認できるものだったので

時々触っていたんですが

40歳を過ぎたころから

大きくなってきているな~と気になるようになったんですよ

 

しばらく検査もしてなかったので病院に行って見ると

 

あら?成長してるね

でも時期的に考えても急激な成長ではないし大丈夫

 

と先生の言葉で安心

かと思いきや

 

ただね

筋腫が全部で5個あるのよね

 

え?5個?…

 

どうやら

 

40代女性の筋腫がある人の中の4人に1人

多発性筋腫

と言って、筋腫がポコポコできてしまう人がいるんだとか

 

でも閉経すると

子宮筋腫って成長が止まるんですって

だから目安としては閉経まで経過観察するようですよ

 

ということで

さぼりがちな定期検査は続いております。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。