好奇心旺盛な生き方

美容 健康 趣味 やりたいことは すべてやってみる体験記

子育てだより

野球部に入りたい?!少年野球の親の負担はどのくらいあるの?


スポンサードリンク

投稿日:2018-12-11 更新日:

Pocket

まさか息子が野球部に入るなんて思ってもみなかった…

 

お母さん、野球部に入りたい

 

初めて言われたのは小学校3年生に入る前の3月

 

えー?!無理無理

送り迎えとか出来ないし

休みの日もなくなっちゃうんでしょ?

 

と思って

適当にごまかした(笑)

でも諦めていなかったらしく…

4月になってから

 

お母さん、やっぱり野球やりたい

 

と。。。

仕方なく(?)見学の手続きをとりました

もうね、見学したらやりたいに決まってますよね

 

親として、息子以上に相当の覚悟が必要でしたね

 

少年野球ってどのくらいの練習をするの?

休みの日はどのくらい試合があるの?

親の負担はどのくらいあるの?

 

地域によって、学校によってまちまちだとは思いますが

野球部に入りたい!

と子どもに言われたお父さんお母さんのために

親の負担がどのくらいあるのか?わたしの経験をお伝えしますね

 

スポ少って、そもそも何?

 

一昔前は、小学校の部活は

小学校の先生が主体となってくれていたように思いますが

実は

地域の人や保護者の協力で成り立つ

ものとして存在しているんです

 

後で述べますが、保護者の役割は色々あるのですが

それら全てがボランティアになります

 

 

どのくらい練習するの?

 

学校が終わったら、一度家に帰り着替えて

16:30~18:30の練習

夏の日が長い時期は19:00ですね

帰りは時間が遅いので親のお迎え必須です

 

練習日は住んでいる地域の取り決めに左右されるようですが

わたしの場合は、週4日の、火曜、木曜、土曜、日曜で

第三日曜日は「家族でゆっくり過ごしてくださいね」

という理由からお休み

 

 

休みの日の試合はどのくらいあるの?

 

休みの日は、ほぼ毎週試合 と思って間違いないです

土曜日も日曜日(第三抜かして)も

 

ただ、試合をスケジュールにどれくらい組み込むのかは

会長と監督が話し合って決めることなので

その人たちの方針によって多少の違いはあるようですね

 

そして、わたしの住んでいる地域は雪国

なので、雪が降ってからグラウンドが使用できるまでの

11月~2月の時期は、室内練習になりますので

その間の試合はありません

 

だから少しは楽なのかなぁと思ってます

 

 

親がやることって何があるの?

 

まず、少年野球部はお父さんの協力が必要です

 

監督コーチだけでは手が回らないこともあるので

お休みの日は学年関係なく来れるお父さんたちが参加です

 

試合の日には

  • グランド整備
  • 道具の運搬、設置、片付け
  • 審判
  • テントや旗の設置
  • ボール拾い

などなど、です

 

お母さんの負担はお当番の時だけ です

まぁ、部員人数にが少ないと状況は変わりますが…

だいたい上の学年のお母さんたちがメインで動いてくれます

お当番の時は

  • 救護
  • 小屋やトイレの鍵管理
  • 部室の掃除
  • 配布物の配布

などが主な仕事です

 

試合の時は

  • ジャグに入れるお茶づくり
  • クーラーボックスに入れた冷たいおしぼりの準備
  • 審判へのお茶出し
  • 救護

などですね

 

必要に応じて

お父さんたちのテント張りや旗立てなどのお手伝いもあります

 

 

高学年になったときの親の負担は多いの?

 

先に話をしていたようにスポ少は

地域と保護者の運営によるものなので

高学年になると役員になる必要があります

  • 会長
  • 副会長
  • 監督
  • コーチ
  • 会計
  • 監査
  • 事務局

などなど

ほとんどがお父さんですが

まぁ、監督やコーチについては外部に依頼している部もありますね

 

お母さんの役割分担もあります

  • お当番のローテーションを決める人
  • グラウンド状況を確認判断する人
  • 雨の日や冬に練習施設を予約する人
  • ユニフォームなどを発注する人

などなど

 

その他に大会の運営当番校になっていると

それもやらなければ、いけません

 

一番大変なのは、やっぱり会長 ですね

他校との試合の調整や連絡のやり取り

大会の抽選会や懇親会の出席

すべての保護者への連絡のやり取りなどありますから

副会長や事務局と上手く協力して運営をしないと

仕事もあるので、本当に大変です

 

 

役割も大切だけど、ちょっとした心構えも重要

 

役割は分担してやりますが

普段から協力して運営をしていく姿勢が必要ですね

各家庭で、事情など様々ですから

 

わたしが重要だと思っているのが

 

お互いを尊重すること

 

会長を任せたのなら口を挟まない

監督をお願いしたのなら余計な口出しはしない

 

ということです

子どもが関わることなので、ついつい

自分の子供がレギュラーになれない

練習で厳しくされているんじゃないか

など思うことは仕方のないことかもしれません

 

でも監督やコーチに指示や要望を伝えても

なかなか思い通りには上手くいかないようです

一つの意見として聞いてくれるとは思いますが

色々な意見を聞いていてもキリがないですし

まとまるものも、まとまらなくなってしまいます

 

わが息子も大事な大会少し前に体を負傷していたため

当日は問題なく元気だったのですが

万全ではないと判断 され試合には全く出れませんでした

 

これも監督とコーチの方針によるものです

多少弱くても全員野球をやらせたい!

と思うのか

勝つことに重点を置いて、学年関係なくレギュラーにし

とにかく勝つ野球をさせたい!

という方針なのか

 

もう、任せてしまっている以上

下の学年の子が出ようが何しようが

子が多少悔しい思いをしても 見守ることです

そうやって成長もしていくのだから

 

 

まとめ

 

少年野球は親の負担はあります

ただ、親の負担だけを考えて途中で退部した子もいましたが

子ども本人は続けたかったらしく

毎日グラウンドに野球を見に来る日が続いていました

切なかったです

 

親の負担が大きく、大変なことも多いですが

それ以上に

 

子どもと一緒に涙をしたり

鳥肌が立つくらいの感動もあります

 

これは人生で何度も味わえない経験ですよ

 

ぜひ、子供の望みや夢が叶えられますように…


スポンサードリンク




スポンサードリンク



-子育てだより

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供が中耳炎を繰り返して、くじけそうなお母さんへ

子供を保育園に預けている家庭は多いですよね? 今では共働きが一般的になっていますから 保育園は本当にありがたい存在です   ただ、集団生活なので 風邪のうつしあい は、どうしても避けられないんですよね …

水を買うのが面倒!ウォーターサーバーってどうなの?という方へ…家はフレシャス使ってます

わが家の住まいは田舎の方 水道の水も飲めなくはないんですが…   やっぱり美味しくない気がします ペットボトルの水が普及してから 美味しい水の味が分かっちゃったもんだから 飲めなくなったのか …

背骨が曲がる疾患【側弯症】と子供が言われたら 

側弯症って知ってますか? 背骨が変形する疾患で 本来はまっすぐである背骨が 何らかの原因で曲がってしまっている状態です   わたしは子供の時に、その側弯症と診断されました 確か小学校4年生か5年生だっ …

産後すぐの母乳に血が混じってる!不安にならなくても大丈夫

初めての出産の後は 本当にぐったりしますよね   わたしは1人目の時に陣痛が2日間もあって もう、クタクタどころか出産する寸前には 意識がどっかに行っちゃってました   でも、お母さんになった瞬間から …

子供の鼻水なかなか治らない時の鼻吸い器は何がいいの?

子供は保育園に預けていると特に 年中鼻水を垂らしています   あなたのお子さんはどうですか? それに悩んでいるお母さんも多いことでしょう こちらの記事も参考にしてください ↓ 子供が中耳炎を繰り返して …