健康, 暮らし

お昼寝はたくさんの効果あり!効果アップのためのポイントは?

Pocket

中学校1年生のときの3者面談で
担任の先生に

何をやることが一番好きなのかな?

と聞かれて
わたしったら何て言ったと思います?

寝ることが一番好きです

って答えたんですよね
母親も苦笑い
担任の先生はビックリ
でしたが、本当にそう思ってました(笑)

寝ることが趣味みたいなもんで
休みの日にゃ
昼寝しない日はないですね
だって眠いんだもん

一体、昼寝って何時ころ寝るといいの?
時間はどのくらい?
どんな効果があるの?


お昼寝のポイントについて調べてみました

どうして昼に眠くなるのか

時間がもったいないから
寝ないで済むなら寝たくない
でも、どうしても眠くなっちゃう…

あなたも思っているはず

睡眠を十分にとった日でも眠くなるのは
どうしてか?

どうやら原因が2つあるようです

1つ目は人の体の生理現象の一つ、ということ
午前2時と午後2時に人の体は
強い眠気に襲われるようにできているんです


さらに
毎日のちょっとした睡眠不足が積もり積もっている人ほど
その眠気は強く出るんだとか
体内時計も関係していると言われているようです

2つ目は
食事をした後に満腹になる事からくる
何もしたくなくなる、けだるさ
が原因となっているんです

さらに、食べたものを消化しようと全身の血液が胃腸に集中して
脳に流れる血液はその分少なくなることで
頭がぼんやりしたり眠くなったりする説もあります

食べたから眠くなった
というのは、こういうことなんですね

お昼寝にはお昼寝の最適なタイミングがある!

午後2時が強い眠気のピークなんですが
だいたい午後2時~4時に
眠くなるように人の体はできている
ようです

この
眠くなる前のタイミング
が昼寝に最適な時間になるんです

つまり、お昼ご飯を食べ終わった後がいいんですね

どのくらいの時間寝るといいの?

睡眠は深い眠りと浅い眠りの2種類が繰り返されています
厳密に分けると4種類の段階に分かれるんですが

深い眠りに入る前の
入眠後10〜20分ほど経過したときまでに目を覚ますこと
が重要なんです

寝ることが趣味の私にとっては
短い!
と感じますが…でもですね

深い眠りに入るのは入眠してから30分ころなので
その後に目を覚ますと
倦怠感や吐き気や頭痛を伴ってしまいます

そうなると、せっかくのお昼寝が台無しですよね

なので10~20分の昼寝が最適なんです

ベッドで本格的に寝てもいいの?

少し浅い眠りの状態での昼寝がポイントとなるので
身体を横にしてしまうと
脳は本格的な睡眠モードに入ってしまうんです

なので昼寝の体勢は
テーブルやデスクにうつ伏せになる
ことがポイントです

でも
体勢が苦しかったり、肩こりの原因となる場合もあるので
ブランケットを枕がわりにしたり
昼寝グッズも様々なものが売ってますので
それらを活用しましょう

疲れを取るだけじゃない!お昼寝の効果

ちょっとした時間のお昼寝だけでも
体を休めることによって体力が回復します

そして、体だけじゃなくて
睡眠は脳を整理する働きもあるので
午前中に入ってきた溢れるような情報を
必要なものは記憶に残して
必要のないものは捨てる

といったように処理してくれるんです

お昼寝から起きた時に頭がスッキリしているのは
こいう理由からなんですね
なので、お昼寝の後に整理された脳を使って仕事をすると
効率よく仕事ができて、集中力がアップします

さらに!
なんとダイエットの効果もあるようなんです

眠い状態というのはホルモンにとっても活発に活動できない状態にあります

でも
軽い睡眠を取ることによってホルモンバランスが整えられて
新陳代謝も活発になる
ので
結果的に痩せやすい体質になるんですよ

その他、睡眠不足による
アルツハイマーや心臓病、脳卒中などのリスクが軽減されて
それらの予防につながるんですね

あら、いいことづくめ♪
こりゃ寝るしかないですよね(笑)

まとめ

ある高校では、みんなで昼寝をする時間があるそうです
そうすることで午後の授業中に寝る子がいなくなったんだそうですよ

仕事や勉強の効率を上げるためにも
そして健康のためにも
昼寝はとるべき!なんですね

昼寝のタイミング、時間、姿勢
このポイントに気を付けて
さ、今日も昼寝をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です