健康

【臭い玉】ができなくなる簡単な方法

Pocket

朝起きると米粒みたいなのが口に入っていて
なんだこれ?
という日が時々ありました

どうやら
臭い玉
というものらしい

聞いたことありますか?
痛くも痒くもなく体に悪いものでもない
けど

口臭の原因の一つ
と言われています

取り除いて口臭予防するのではなく
根本的に
匂い玉が出来ないようにする方法をお伝えしますね

匂い玉の正体とは

医学用語では膿栓といわれています

実はわたしたちの喉の奥って
意外と複雑なつくりになってるんです
なんとなくわかりませんか?
のどちんこを見ようとすると凸凹している感じありますよね
扁桃腺に小さな穴があちこちにあるんです

その穴からは免疫物質を出していて
そこで菌と戦った残骸がとどまって
さらには食べ物のカスも付着したりしてできたものなんです

なので
すべての人の体には免疫機能が備わっているので
実はみんな臭い玉はできるんです
子どもでも、大人でも、性別も関係なく

自分でとれるものなの?

臭い玉は口を開けるとチラリ見えるものもあります
そうすると
ついつい綿棒などて取ってしまいたくなりますが、危険です

扁桃腺を傷つけたり、穴が広がったり、
臭い玉がさらに詰まる可能性もある
ので

私も取る方法がないものか、試した時もありましたが
何度もオエッしました(笑)

耳鼻科に行きましょう
というアドバイスも見かけますが
恥ずかしさもあり
相手にされなかった、なんていう声もあります

それでも自分で取るのはやめましょう!

できる人とできない人がいる?

臭い玉は誰にでもできるものなんですが
できやすい人とできにくい人はいるのは事実です
できやすい人にはいくつかの特徴があるんです

口呼吸をしている人
ドライマウスで唾液が出にくい人
ストレスを感じている人
薬を飲んでいる人


これには共通するポイントがあるんです
それは

口やのどが渇く人

口呼吸をしている人は、口が開いている時間が長いので
口の中やのどの潤いが逃げて行ってしまいます

ドライマウスは唾液が少ないので、やはり口の中の潤いがないですよね

ストレスって不思議ですよね、体のあちこちに影響を与えます
緊張したりストレスと抱えていたりすると
これまた口が渇きやすい状況になってしまうんですよね

薬も同じ
頭痛薬や鎮痛剤などを頻繁に服用している人は
副作用で口の中が乾きやすくなる症状があらわれることがあります

ドライマウスにならないためにはどうするの?

ハッキリ言います
口を閉じる時間を多くしてください
ウソのように感じるかもしれませんが
わたしはこの方法で臭い玉ができなくなりました

よほどの酷い鼻炎がない限り、
口を閉じるというのは習慣や慣れです
常に意識して気をつけてください

ストレスはなるべく貯めないように
落ち着く音楽を聴いたり
香りをかいだり
少しでもリラックスする時間をつくっていきましょう

薬に関しては
根本的に症状が出ている場所の診察をしてみましょう

まずは、口を閉じる習慣から始めてみましょう
とても簡単なことです
臭い玉もできにくくなりますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です