乾燥肌の方必見!【冬に保湿】ではダメ

この記事は2分で読めます

Pocket

わたしがよく痒くなるのは 腰回りや下着でこすれる部分など
そして冬になるにつれ乾燥が進んで さらにあちこち痒くなる アトピーの方は乾燥しがちなのでなおさら
体が痒いのは本当に不快ですよね?
冬の時期になると保湿のCMが 頻繁に放送されるようになって ドラッグストアでも目立つ場所に保湿剤が並びます
でも ちょっと待ってください
乾燥肌、アトピーの方の保湿方法は 冬の保湿ではダメなんです
正しい保湿方法をお伝えしますね

冬に乾燥する4つの原因


なぜ冬に乾燥肌になるのか
1つ目は空気中の水分量が原因
気温が低いほど大気中の水分を多く含むことができないため 冬の寒い時はどうしても空気が乾燥するんですね
なので肌は外気による影響を受けやすいので 乾燥肌になるんです

2つ目の原因は入浴方法
寒い冬はどうしても湯船の温度をあげてしまいがち でも理想の温度は39度なんです 高くても40度まで 特にアトピーの方は39度の方が理想なんですよ
物足りないと思う温度なんですが 慣れてください(笑) 温度が高くなると肌の保湿成分が流れ出てしまうので これが肌の乾燥をすすめてしまうんです

3つ目は体の機能の低下です
気温が低いと体の代謝機能も低下し バリア機能が弱くなってしまう するとお肌をコーティングする皮脂も分泌が少なくなって 結果として肌が乾燥してくるんです

4つ目は暖房器具の影響
これは聞き馴染みのない 相対湿度という言葉で説明しなければいけないので 今回は避けますが
要は空気中の湿度が下がるので 肌に影響を与えてしまうんですよね

じゃ、夏なら乾燥しない?


いいえ そんなことはありません
汗と一緒に水分と皮脂が流れ出て 冷房機による乾燥 そして紫外線により乾燥が進み
意外と冬と同じくらい乾燥するんです

冬に保湿はダメな理由


ということで 冬も夏も乾燥 するんですよ
さらに春と秋の季節の変わり目には 肌が敏感になる時期なので これまた保湿でガードしないといけない
ということはですよ? 結局 年中保湿が必要 ということなんです
わたしは夏には保湿をしない人でした 暑いのにベトベト塗るのも嫌だったし なにより塗るのが面倒なんでね 塗らなくていい時期があるなら 塗りたくない
そう思っていたので 夏にスキンケアはしていませんでした
ところがですよ
ある年になぜか夏も真面目に保湿をしていたんですよ そうしたら 冬になっても全然肌が乾燥しないんです!
乾燥しないので、痒くもない
そうか!保湿は夏も怠ったらダメなんだ! 冬だけの保湿じゃダメだったんだ! と体験したんです
不思議なんですが 夏の手抜きが冬の乾燥を酷くさせると感じました

まとめ


皮膚が本来持っている機能を弱めるから保湿はしない という人もいますが 現代の生活環境を考えると 本来の機能ではまかなえないのではないか というのが私の考えです
年中保湿ケアをすることによって 私はアトピーの軽減につながりました
【冬に保湿】という概念は捨てて 年中保湿 を基本としてケアをしてみてください 必ず変化があるはずです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


     肌荒れを改善する方法
;            肌トラブルから解放される美肌対策